ジャイアンツ ファンフェスタ2014に参加してきた。~パート3 招待券の引き換え状況~

ジャイアンツファンフェスタについて過去2回記事を書いた。1回目は、入場券に関する最近のファンフェスタの変更点をまとめてみた。

ジャイアンツ ファンフェスタ2014に参加してきた。~パート1~| 暢気なブログ NobiLog(のびろぐ)

2回目は、ファンフェスタの入場するための方法をまとめた。

ジャイアンツ ファンフェスタ2014に参加してきた。~パート2 入場券の入手方法~| 暢気なブログ NobiLog(のびろぐ)

ジャイアンツフェンフェスタの引換券

今回は、ジャイアンツファンフェスタの招待券について書いてみる。招待券については種類があることは前回記載した。今回は、ファンフェスタ2014の当日の状況を中心に書く。翌年以降も同じだとは限らないが、ひとつの参考になるのではないかと思う。

引き換え状況

ジャイアンツファンフェスタの当日は11:30頃東京ドームに到着した。もうすでに行列はすごく長く、引き換えは始まっていた。

IMG_9337.JPG

赤と青色の一般招待券の列が長い。一般招待券は22番ゲート前の特設テントで引き換えを行っている。金のシーズンシートと緑の特別招待券はライトスタンドの位置口横の25ゲートで引き換えを行っている。

IMG_9336.JPG

11:30時点の一般招待券の引き換えの列は、下記の図のようになっていた。

img_map_densya_120114_120715_PM

昨年のファンフェスタ2013年の青色と赤色の招待券の引換え開始は11:00からだったとの情報があった。今年も11:00開始ではないかと思われるが、その時間に間に合わなかったので確認できなかった。シーズンシート用の金色の招待券の引き換えは9:00から行われたようだ。シーズンシートオーナー感謝祭が10:00から開催されるので、その時間よりも前に引き換えが可能であったようだ。

11:30時点では上記のような長い行列ができていたが、12:15には列は解消された。抽選券をもっていたので、引き換えてみたら、2階席の1階側でE16ブロックになった。12:00前後だと、2階席になるようだ。

IMG_9339.JPG

入場開始は予定通り13:00

入場開始は予定通り13:00からであった。12:45ごろから列並び、東京ドームの内部に入れたのは13:15頃だった。いつもの野球があるときとの入場とそれほど大差はなかった。

招待券の引き換え席の状況の予想

外野側から内野席を見てみると、明らかに空席があるエリアがあった。おそらく招待券用に抑えてある座席だ。

スクリーンショット_120114_121414_PM

IMG_9340.JPG

外野席

外野席は全体的に埋まっていた。事前の入場券、もしくは、12:00以前の招待券で早くに手配されたと思われる。招待券で引き換えたエリアは、すでに東京ドーム周辺にいるので、入場が開始されると、すぐに座席が人でうまる。一方で、事前に入場券が決まったエリアは、入場がまばらになる。外野席は比較的まばらであったので、事前に入場券が配られる割合が多かったのではと予想される。※しかしながら、2~3列全く人がいないエリアもあった。

1階席

続いて1階席は大半はまばらに人がいた。ただ、バックネット裏の一部のエリアが全く人がいなかった。シーズンシート用の金の招待券の引き換えエリアだと思われる。

2階席

2階席は、通路前方部(FC席やD指定席の一部)とD指定席の通路前方部と後方部のエリアに分けられる。

  1. 通路前方部のFC指定席エリア
    観客がまばらだったので、事前の入場券のエリアが大半だったように思える。

  2. 通路後方部のC指定席エリア
    中央部から段々と外野方向に人が埋まっていたので、ほとんどが招待券の引換券エリアだっと思われる。12:15時点の引き換えはE16ブロックだった。

  3. 通路前方部でD指定席エリア
    多くの観客がいたので、引換券のエリアだったと思われる。2階席は「通路前方部でD指定席エリア」、「通路後方部でC指定席エリア」の順でチケットを引き換えたように思える。

  4. 通路後方部でD指定席エリア
    13:15時点では人はいなかった。このエリアは招待券エリアと思われる。ファンフェスタ終了時点でも座席にゆとりがあった。立ち見客はほとんどいなかったので、チケットは残っていたのではないかと想像される。

ファンフェスタのチケットの話だけで、いっぱいになったので、続きはまた。

関連ページ:ジャイアンツ ファンフェスタ2014に参加してきた。~パート4 イベント状況~| のん気なブログ NobiLog

スポンサーリンク
広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする