もう文章の保存し忘れの心配は不要!文章アプリはSimplenoteが一番!

ブログに書きたいトピックや下書きはDropboxに保管しています。書くツールは、PCではChrome 拡張機能のWritebox、iPhoneでもWriteboxを使っています。

Writebox 2.1.0(¥170)App
カテゴリ: 仕事効率化
販売元: Kazuhiro Shibuya – Kazuhiro Shibuya(サイズ: 2.7 MB)
全てのバージョンの評価: 無し(0件の評価)
+ iPhone/iPadの両方に対応

Writeboxの特徴

  • ファイルは起動時に読み込み
  • 書いた内容は常に自動保管
  • 書いた内容はDropboxまたはGoogle Driveにファイルとして保管
  • Dropboxの仕組みでバージョン管理も可能
  • Markdownのプレビュー表示が可能
  • Web画面から編集が可能
  • iOS版のアプリがある

WriteboxはChromeブラウザさえあれば、仕事場のPCでも、自宅のWindowsPCでも、Macでも使えるので便利です。Writeboxで書いた文章は、AndoridでもDropboxのファイルを直接編集することで変更ができますので、自由度が高いです。また、Dropboxのバージョン管理の仕組みを使えば、過去の状態に簡単に復元することもできます。

ただ、不便なところもあります。

もともとは、私の操作ミスなのですが、Writeboxを二つ立ち上げてしまうと、書いた文章が消えてしまうことがあります。

再現方法は、Writeboxを二つ立ち上げて、Writeboxの2番目のタブに文章を書き、Writebox2番目タブ、1番目タブの順に閉じます。最終的には、何も書かれていない1番目タブの内容で上書きされてしまうので、書いた内容が消えてしまうのです。私は、何十回もやらかしました。

Writeboxは書いた内容を常に自動保管してくれますが、読み込みは立ち上げた1回だけですので、このような現象になってしまいます。

ということで、これらの問題が起きないSimplenoteを使い始めました。

Simplenote 4.0.3(無料)App
カテゴリ: 仕事効率化, ユーティリティ
販売元: Codality – Codality, Inc.(サイズ: 3.7 MB)
全てのバージョンの評価: (655件の評価)
+ iPhone/iPadの両方に対応

Simplenoteの特徴

  • 書いた内容を常に自動保管
  • 他から書き込みも自動読み込み
  • 書いた内容はSimplenote内に保管
  • Simplenoteの仕組みでバージョン管理が可能
  • Markdownのプレビュー表示が可能
  • Web画面から編集が可能
  • iOS版、Android版のアプリがある

Writeboxの弱点だった読み込みですが、Simplenoteは常に自動読み込みを行いますので、書いた内容が失われることはありません。先ほどの例で、説明します。

Simplenoteを二つ立ち上げて、Simplenote2番目タブに文章を書き、Simplenote2番目タブ、1番目タブの順に閉じても、1番目タブの内容と2番目タブは同期されておりますので、書いた内容は消えません。

昔は、Simplenoteを中心で文章を書いていたのですが、Dropboxに保管されないからという理由で、Dropbox+Writeboxという組み合わせにしたのですが、再びSimplenoteに戻ることにしました。

Writeboxはブログネタを書いとくツール、Simplenoteはブログの下書きを書くツールとして、両方を使っていきたいと思います。

スポンサーリンク
広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする