Windws8のThinkPadのキーボードのファンクションキーの動作を元に戻す方法

ファンクションキーの動作がWindows8から変更になったようだ。

ファンクションキーは、直接「ファンクションキー」を押して利用するケースと、キーボード左下にある「Fn」を押しながら「ファンクションキー」を押して操作するケースと2種類があるが、どうやらその動作が入れ替わったようだ。

以前であれば、エクセル使用中にF2ボタンを押すとセルの編集となり、Fnボタンを押しながらF2ボタンを押すと、音ボリュームが下がる。Windows8からはこの動きが逆になり、F2ボタンで音ボリュームが下がり、Fn+F2ボタンでセルの編集となる。

動作が逆になってしまった。

この動作をもとに戻す方法は簡単で、Fnキー + ESCキーを押すことで切り替えられる。

Windows8のパソコンを購入するたびに「ファンクションキー」の入替方法を調べているので、自分用の備忘録として記録しておく。

参考サイト
Fnロック・インジケータ付き6列キーボードのThinkPad製品でファンクション・キー機能を使う際にFnキーを同時押ししなければならず使いにくい – Lenovo Support (JP)

スポンサーリンク
広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする