ifTTTがToodledoに対応。タスク管理(Toodledo)といろいろなサービス連携が面白そう!

ifTTTがToodledoに対応。タスク管理(Toodledo)といろいろなサービス連携が面白そう!

ifTTTがToodledoに対応しました。

ifTTTとは、IFTTT – Wikipediaによると、

IFTTTとは「レシピ」と呼ばれる個人作成もしくは公に共有しているプロフィールを使って数あるWebサービス(Facebook、Evernote、Weather、Dropboxなど)同士で連携することができるWebサービスである

とあります。

Toodledoはタスク管理システムです。タスク管理が他のサービスと連携するのは、非常に便利だと思います。例えば、PocketでWebサイトを見ていて、そこで紹介されている商品が欲しくなったら、そのWebサイトのURLをToodledoに登録して、「xxx商品を買う」というタスクを作ることは日常的に行っています。

今までは、

  • Toodledoにメールを送りタスクを作成する
  • スマートフォンでコピペしてタスクを作成する

などの方法で情報連携していましたが、ifTTTがToodledoに対応したことにより、半自動で連携ができるようになりました。

Toodledoのトリガーを使ってできること

Toodledoをトリガーとして、他のサービスのアクションを実行できるようになりました。ifTTTに登録できるToodledoのトリガーは以下の4つです。

  • タスクを追加したとき
  • タグが付いたタスクを追加したとき
  • 特定のフォルダにタスクを追加したとき
  • タスクを完了したとき

上記のトリガーを利用すれば、こんなことができそうです。

  1. タスクを追加したら、iPhoneのリマインダーと同期する
  2. “公開タスク”フォルダの中にタスクを追加したら、ツイートする。
  3. タスクが完了したら、Evernoteに保管する。
  4. タスクが完了したら、Google Driveのスレッドシートに追加する。

いろいろと面白うそうです。

Toodledoのアクションを使ってできること

何かのトリガーをきっかけとして、Toodledoにアクションを実行させることもできます。アクションは、以下の二つを選択できます。

  • タスクを追加する
  • ノートを追加する

これらを使い、以下のようなことが自動化されます。

  1. Pocketのタグに「task」と入れると、Toodledoのタスクを追加する。
  2. 電話でToodledoにSMSを送ると、Toodledoのタスクを追加する。
  3. iPhoneでリマインダーを登録すると、Toodledoのタスクに追加する。

いろいろいじってみたいと思います。

Toodledo

IFTTT

Toodledo – To Do List 3.2.2(¥300)App
カテゴリ: 仕事効率化, 辞書/辞典/その他
販売元: Toodledo – Jake Olefsky, LLC(サイズ: 17.6 MB)
全てのバージョンの評価: (680件の評価)
+ iPhone/iPadの両方に対応

スポンサーリンク
広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする