SONY デジタル一眼カメラ「NEX-5T」を購入した。

スマホにしてから、カメラ選びが難しくなった。スマホがあればコンパクトデジタルカメラ(コンデジ)はなくても、写真はとれる。いわゆるガラケーといわれる携帯にもカメラはついていたが、スマホのほうが写真の利用や再加工はしやすい。

下記は、スマホを購入後の迷走した私のカメラ購入史だ。

  1. コンデジ
    当初は小型のコンデジを使っていた。携帯の画像はコンデジに比べてばよくなかったので、どうしてもコンデジが必要だった。

  2. スマホ
    スマホを買うと、コンデジとスマホ両方持つ必要はないのでは?と思い、カメラ機能はスマホに集約しコンデジは使わなくなった。スマホは、撮った写真をすぐにSNSにアップしたり、アプリを使って写真を編集することもでき、写真の楽しみ方を大きく変えた。もうコンデジは必要はなかった。

  3. Galaxy Camera
    スマホはいつも持ち歩いているので、いつでも写真がとれる。唯一、コンデジと比べ劣っているのは、ズーム機能がない点だ。運動会では、遠くから子供をアップでとるれるズーム機能が欲しくなる。普段の写真はスマホで充分だが、運動会などの特別な日はズーム機能があるコンデジが欲しくなる。ただ、一度コンデジは不必要と決めたのだから、改めてコンデジを買おうという気持ちにはなれない。なので、ズームもできるスマホということで、Galaxy Cameraを買うことにした。

  4. DSC-QX10
    Galaxy Cameraは、Androidアプリを使って写真の編集やSNSへのアップが可能だ。スマホと同じ利点もありつつ、弱点だったズームもコンデジよりも高性能である21倍ズームができる。ただ、すこし重い。Galaxy Cameraは通話はできないので、携帯電話の代わりにはならない。なので、スマホが別途必要になる。どうせスマホも持ち歩いているのだから、レンズ型カメラを購入すればいいのではないかということでDSC-QX10を購入した。

  5. NEX-5T
    レンズ型カメラは、カメラとスマホの同期に数秒かかる。その数秒がストレスだった。撮りたいときに写真が撮れない。本体とレンズが一体になったほうがやっぱり使いやすい。本体とレンズに同期に時間がかからない小型ミラーレスカメラを購入することに決めた。

というのが現在までの状況。完全に迷走している。

私はカメラについては、まったくの初心者なので、一番小型のタイプがよい。あまり大きいと持ち歩くのも嫌になるからだ。メーカーはソニーと決めていたので、NEX-5T、または、ILCE-5000Lが候補であった。

迷ったが、NEX-5Tにした。

決めてはNEX-5Tが1秒で10連写が可能で、ILCE-5000Lが1秒で3連写だったからだ。動きがあるものを取りたかったので、連写機能を重要視した。

また、購入したのはダブルズームレンズキットを購入した。

  • レンズは単品で買うよりも、セットで購入するほうが安い。
  • ズームできるレンズは絶対に欲しくなる

この2点の理由で、ダブルズームレンズキット

購入したのは下記製品のNEX-5TY-W。

最後まで迷ったのは、α5000。

初めてのミラーレス一眼になるので楽しみだ。たくさんの写真を撮ってみたい。

スポンサーリンク
広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする