MyJCBで不審アクセスあり!安心安全のためパスワードを変更すべし!

JCBの発表によると、MyJCBのサービスに不審なアクセスが連続して行われているとのこと。被害状況についてはまだ発表がないが、安心、安全に利用のためパスワード変更の依頼をしている。

「MyJCB」への不審なアクセスに伴う、パスワード変更のお願いと一部サービス停止のお知らせ|JCBカード

会員専用WEBサービスMyJCB(マイジェーシービー)に不審なアクセスが繰り返されるという事象が発生し、2014年3月25日(火)11:53PMより断続的にMyJCBのサービスを停止させていただきました。

お客様にMyJCBを安心、安全にご利用いただくため、パスワードの変更をお願いしております。

他のインターネットサイトと同じID・パスワードをMyJCB ID・パスワードに設定されている場合、不正ログインされる可能性が高まります。

詳細な情報は不明だが、他のサイトで流出したID・パスワードの情報をもとに、MyJCBのログインを試行したように思える記述となっている。

あらためて、ID・パスワードを使い回しが大変危険だということを再認識した次第。アカウントを作成するうえでの危険度を4段階で整理してみた。危険度1が一番危険で、4が一番安全という順番だ。

危険度
1. ID・パスワードを使い回してアカウントを作成したが、そのこと自体を忘れている。
2. ID・パスワードを使い回している。
3. ID・パスワードはサイトごとに異なっている。
4. 不要なアカウントは作らない。

以前の私は、どのサイトにアカウントを使ったかがわからなくなるほど煩雑な管理だった。アカウントを作ったことも、ID・パスワードもすべて記憶に頼っていた。記憶は忘却するので、大変危険だ。使い回しで作ったID・パスワードが知らない間に流出して、他の重要なサイトにアクセスされる可能性があるからだ。

現在、アカウントの管理は1Passwordのアプリで行っている。1Passowrdの導入後は、「ID・パスワードはサイトごとに作成している」ので安全度が高まったといえる。今回のMyJCBについても、ID・パスワードは他のサイトでは使っていない文字列であった。

1Passowrdに登録しているアカウントは現在170前後ある。今回のJCBもそうだが、結構利用していないサイトのアカウントもたくさんある。不要なアカウントは作らないことが一番安全なので、この機会に1年以上利用していないカウントは抹消しようかなと思っている。

そんなことを思いつつ1Passwordを導入して本当によかったなぁと思っている次第。Mac版の1Passwordは現在半額セール中です。この機会にぜひどうぞ。

MAC版1Password

1Password 4.1.2(¥2,500)App
カテゴリ: 仕事効率化, ユーティリティ
販売元: AgileBits Inc. – AgileBits Inc.(サイズ: 33.8 MB)
全てのバージョンの評価: (225件の評価)

iOS版1Password

1Password 4.3.2(¥1,800)App
カテゴリ: 仕事効率化, ユーティリティ
販売元: AgileBits Inc. – AgileBits Inc.(サイズ: 24.8 MB)
全てのバージョンの評価: (249件の評価)
+ iPhone/iPadの両方に対応

スポンサーリンク
広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする