もう他のツールは不要に!MarsEditでブログを書いてみたらその便利さが分かった。

今週はインフルエンザでダウンしておりました。そのインフルエンザの熱にうなされながら布団の中でいろんなことを考えていました。いろんな考えの一つに、「絶対チャレンジしたほうがよいの先延ばししていること」はないかを整理しておりました。

長いこと先延ばししているものの一つは、MarsEditを使ってブログを書くということです。もう何年も前からやろうとしておったわけですが、長い間先送りしてきいました。

赤いトラックポイントがついたThinkPadが大好きなので、普段はWindowsでブログを書いているので、もうこれで十分という気持ちもありました。ただ、Macでブログを書く人の中で評判がよいMarsEditというツールが前から気になっておりました。

ブログはMarkdownで書いており、以下のような手順を踏んでおりました。

[Markdown – Wikipedia](http://ja.wikipedia.org/wiki/Markdown)

1. SimpleNoteを呼び出しブログの下書きを行う。
2. 下書きが完成すると、同じくChromeの拡張アプリである[Textdown](https://chrome.google.com/webstore/detail/textdown/efalomlklhakojjbdfehfkgoicablooc)に内容をコピーする。
3. プレビューを見ながら、細部を調整する。
4. 画像がある場合はWordpressにアップロード
5. アプロードした画像のURLをブログの文章に当て込んでいく
4. HTMLに吐き出し、WordPressにコピペ。

画像がなければそれほど負担はないのですが、画像を使い始めると現状のツールの使い方では途端に不便になります。

その一方で、MarsEditを使えば、上記の2から6までがまとめて行うことができるようになります。画像を使ったブログが書くのがとても簡単という印象です。

実はまだ仕様版を使っているのですが、かなり便利なので、本購入してみようかと思っております。

App
カテゴリ: ソーシャルネットワーキング, 仕事効率化
販売元: Red Sweater Software(サイズ: 7.9 MB)

また、以下のサイトを参考にさせていただき、MarsEditで簡単にAppHtmlを使う方法を設定されていただきました。

[Happy-Go-Lucky: AppHtmlME 3.0 PHG 対応その他](http://www.toshiya240.com/2013/10/apphtmlme-30-phg.html)

[【Mac】PHGでのアフィリエイト対応「AppHtml正式版」を「MarsEdit」で利用する二つの方法 | 酔いどれオヤジのブログwp](http://minatokobe.com/wp/iphone/%E3%80%90mac%E3%80%91phg%E3%81%A7%E3%81%AE%E3%82%A2%E3%83%95%E3%82%A3%E3%83%AA%E3%82%A8%E3%82%A4%E3%83%88%E5%AF%BE%E5%BF%9C%E3%80%8Capphtml%E6%AD%A3%E5%BC%8F%E7%89%88%E3%80%8D%E3%82%92%E3%80%8Cmarsedi.html)

スポンサーリンク
広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする