iPhone 6 PlusのSimフリー版を購入。iPhone 6 PlusはiPad miniの代わりにはならない

iPhone 6 PlusのSimフリー版を購入

9月に発売されたiPhone6がようやく届いた。迷いに迷って買ったiPhone6 Plusの感想を書いてみる。

iPhone6 Plus を予約

9月10日に発表されたiPhone6とiPhone 6 Plusは、12日に予約開始、19日発売だった。発表、予約、発売とあまりにも短いサイクルだったので、私に考える時間を与えさせてくれなかった。

発売時の熱狂と発売直後の入手困難さもあり、物欲が刺激される。すこしの時間をくれれば、冷静になれるのだが、その時間をくれない。結局、物欲に負け、予約開始日にiPhone6 Plus 16GB を予約してしまった。16:00から予約開始であったが、2時間30分後の18:30に予約すると、すでに出荷は3週間待ちの状態になっていた。

今回はシムフリー版のiPhoneを購入した。iPhoneはiPhone6になって初めてシムフリー版も同時発売となる。今、iPad miniのシムフリー版を使っているが、キャリアに縛られないので、自由でよい。今はMVNOなど安価なシムもたくさんあるので、iPhone6も迷うことなくシムフリー版を予約した。

キャンセルを試みるも・・・

実は、10月3日にiPhone 6 Plusをキャンセルしようと決めた。発売から2週間が経過し、すこし冷静になれた。冷静になれば、冷静になるほどiPhone6の必要性がないと思い始めた。すでにiPhone5sもiPad miniも持っている。Nexus5もある。必要性ないのだ。世の中の熱気、私の高揚もおさまりかけていたので、予約キャンセルを決意した。

しかし、神のいたずらなのか、キャンセルが出来なかった。キャンセル処理をしてみたが、すでに出荷準備中のため、キャンセルできませんとのメッセージが表示された。ようやくキャンセルを決意した日が、ちょうど出荷日だったのだ。あと一日早く決断できていれば、キャンセルはできたはずだ。

発売日から2週間後の10月3日に出荷、4日に到着した。予約開始日に注文した人は、大半がこのようなスケジュールだったらしい。

iPhone6 PlusはiPad の代わりにはならない。

wpid-wp-1412864033812.jpeg

下からiPad mini Retina、iPhone 6 Plus、iPhone5sの順だ。まるで3兄弟。

私は常にiPad miniを持ち歩いている。今まではiPhone5sとiPad miniの組み合わせで利用していたが、満員の電車の中では小さいiPhone5sを使い、乗客が減りスペースができると、iPad miniを広げた。

今週からはiPhone5sは持ち運ばず、iPhone 6 Plus と iPad miniという組み合わせにしてみた。iPhone 6 Plusは、iPad miniとiPhone5sの中間の大きさだ。iPhone 6 Plusがあれば、iPhoneとiPad miniの2台持ちの必要性はなくなることを多いに期待していた。

しかしながら、iPhone 6 Plusは、iPad miniの代わりにはならなかった。iPad miniを使える状況であれば、あえてiPhone 6 Plusを使いたいとは思わない。何も制約がなければ、広い画面のiPad miniを優先して使う。iPhone 6 PlusはやはりiPhoneであって、iPad ではなかった。

スキャンした本を読むにはiPad miniの大きさは必須で、iPhone6 Plusでは小さすぎだ。結論としては、iPhone5とiPad miniの2台持ちは必要との結論になったのが、使い初めて3日間の感想だ。iPad miniで電話ができればよいのにと切実に思ってしまう。

ただ、せっかくシムフリーを購入したので、docomo、au、ソフトバンク、Yモバイルのシムをさしてみて、しばらく遊んでみたいと思う。

スポンサーリンク
広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする