iOS7からバックグランド更新をサポート!Pocketなどのアプリは同期処理が自動化!

iOS端末(iPhoneやiPadなど)は、Androidと比べて不便と感じることがあります。

それは、同期が自動ではなく、手動なことです。iPhoneは日頃から操作している機会が多いのであまり気にならないのですが、iPadはiPhoneほどは常に操作していないので、まずは同期処理をする必要があり、Androidに比べ面倒です。

それがiOS7になって改善され、バックグランド更新ができるようになったのです。朝いちばんにiPadを立ち上げ、同期するソフトの一つに、Pocketがあります。このPocketもiOS7のリリースに合わせ、バックグラウンド同期をサポートしたようです。

いつものように毎朝の定例作業であるPocketの同期処理をしていたのですが、ある日更新件数が0件と続いているの気づき、不思議で思い、アプリの更新履歴を覗いてみるとバックグラウンド同期をサポートしていると書いてあるではありませんか。

20131007-230632.jpg

そういえば、iOS7にあげてから、設定画面には、こんな画面も追加されています。
20131007-230705.jpg

20131007-230658.jpg

無条件で非同期処理を許してしまうと、ウイルスが勝手に情報を漏洩させるなどのセキュリティ面で不安が残るが、指定したアプリだけを許可する仕組みであれば、少し安心感が高まります。

利便性と安全性は相反事項ですが、今回のiOS7のアップデーは、かなり嬉しいしいですね。

スポンサーリンク
広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする