音声通話機能付きSIM みおふぉんで通信費を削減する

ここ数年、携帯電話のキャリアを次々変えてきた。ソフトバンクからauに移動、その後docomoに移動した。いわゆるMNPでキャリアを移動し、毎月の電話代金を安く抑えてきた。しかし、2年毎にMNPするのも面倒になってきた。一方で、格安SIMを提供するMVNOが増えてきた。通信費を抑えためにMVNOを利用する方法もありそうなので、今回検討をしてみる。

docomoと音声通話機能付きSIM みおふぉんのプラン比較

まずは、docomoの料金プランを確認してみる。

docomoの料金プラン

現在のdocomoの料金プランは6500円以上となり高い。通話はあまりしない人にとって、カケホーダイプランの2700円の負担は重い。

項目 データSパック データMパック データLパック
カケホーダイプラン 2,700円 2,700円 2,700円
spモード 300円 300円 300円
パケットパック 3,500円 5,000円 6,700円
データ量 2GB 5GB 8GB
月額合計 6,500円 8,000円 9,700円

私はほとんど通話しないので、カケホーダイは実質料金の値上げにあたり非常に迷惑だ。

音声通話機能付きSIM みおふぉん

次に、IIJmio 音声通話機能付きSIM みおふぉんの料金を確認してみる。料金プランは、3種類ある。

項目 ミニマムスタートプラン ライトスタートプラン ファミリーシェアプラン
データ量 2GB 4GB 7GB
月額合計 1,600円 2,220円 3,260円

両社とも2GBのプランがあるので比較すると、月額料金は「みおふぉん」が4900円も安い。

しかし、通話料はdocomoが無料で、「みおふぉん」は有料だ。計算してみると約122分以下(通話料30秒20円で計算)の通話であれば、「みおふぉん」が安くなる計算だ。

全く通話しない私は、「みおふぉん」のほうが断然お得だ。

料金比較表

料金を比較すると価格差は歴然。docomoと比較する意味もないが、この後他のMVNOとも比較するために、この表を作成してみた。

項目 docomo 音声通話機能付みおふぉん
2GB 6500円 1600円
3GB
4GB 2220円
5GB 8000円
6GB
7GB 3260円
8GB 9700円
9GB
9GB

音声通話機能付きSIM みおふぉん

ミニマムスタートプランとライトスタートプランは容量の違いだけだが、ファミリーシェアプランは容量の違いだけではない。SIMを最大3枚まで追加することができるのが特徴だ。自分の携帯電話に加え、家族の携帯電話も一緒にパケットをシェアしてもよいし、タブレットなどにSIMを使い自分だけでシャアしてもよい。

使い方の例を記載してみた。

項目 自分用

 

自分用
タブレット用
 
自分用
家族用
 
自分用
家族用
タブレット用
自分用
家族用
家族用
SIM 1枚 2枚 2枚 3枚 3枚
月額合計 3,260円 3,260円 3,960円 3,960円 4,660円

いろいろ組み合わせを考えてみたが、7GBで足りれば家族3人で4660円で済むのは格安だ。

音声通話機能付きSIM みおふぉんの気になるサービスを記載してみた。

サービス項目 サービス内容
初期費用 3000円
Sim追加費用 2000円
Sim追加枚数 ファミリーシェアプランは3枚まで
通話料 20円/30秒
通信速度 下り最大150Mbps、上り最大50Mbps
クーポンオフの通信速度 最大200kbps
通信制限 クーポンオフ時に制限。3日あたり366MB
プランの変更 可能。翌月1日より適用
最低利用期間 利用開始日の翌月末日まで
解約手数料 (12ヵ月-利用開始月を0ヵ月とした利用月数)×1,000円(税抜)
データ繰越 余ったデータ量は翌月に繰り越し可能
バースト機能 通信し始めの一定量は高速

途中でプランの変更が可能なので、最初はミニマムスタートプランで初めてみて、状況を確認しながらプランを変更していけばよいんは安心だ。メインの電話をMVNOにしてしまうか本気で悩む。

IIJmio 音声通話機能付きSIM みおふぉん

スポンサーリンク
広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする