「早チケ」よりも「プライム早チケ」のほうが巨人戦のチケットの確保は容易!有料会員のすすめ。

巨人開幕戦のチケット販売のうち、「プライム早チケ」と「早チケ」が終了した。残るは一般発売を残すのみとなった。

「プライム早チケ」は有料会員のみがチケットを購入できる。「早チケ」は有料会員に加え、無料会員もチケットを購入できるという違いがある。「プライム早チケ」は有料会員のみを対象としているので、チケットの購入しやすいはずである。確認するために、「プライム早チケ」と「早チケ」の両方で、チケットの購入を試みてた。その結果は、下記のような状況であった。

購入方法 開幕戦のチケットの状況
プライム早チケ 発売後40分前後につながった。
見切り席については在庫があった
レフト見切り席については発売50分後まで在庫があった。
早チケ 発売後30分につながったが、すでにチケットは見切り席も含めすべて完売

プライム早チケで無事に4枚分のチケットを購入できたが、早チケでは購入できなかった。この結果から明らかのように、巨人戦のチケットを購入したいならば、無料会員よりも有料会員のほうが当然よいようだ。

スポンサーリンク
広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする