パナソニック チャンネル録画対応HDDレコーダーの比較

前回、録画してなくても過去の番組をみることができるHDDレコーダーを紹介した。

録画し忘れてもTV番組が視聴可能!録画が不要になるタイムシフト/チャンネル録画機とは?| 暢気なブログ NobiLog(のびろぐ)

前回は東芝製の商品を比較してみたので、今回はパナソニック製の商品を比較してみる。

東芝製タイムシフト録画対応HDDレコーダーの比較!| 暢気なブログ NobiLog(のびろぐ)

パナソニック

パナソニックはタイムシフト録画ではなく、チャンネル録画と読んでいる。対応機種は2商品ある。

ブルーレイディーガ BXT970/BXT870 | ブルーレイ/DVDレコーダー DIGA(ディーガ) | Panasonic

パナソニックは2商品と商品を絞っているが、HDDレコーダー上位機種の性能をそのままに、プラスの機能としてチャンネル録画を加えている。東芝製のHDDレコーダーはマニア向けのとんがった商品だとすれば、パナソニック製はバランスがよい商品といえる。

2モデルの違いは、HDD容量とタイムシフト録画が可能なチャンネル数が主に異なる。

安価なモデルはBXT870 で約75000円。タイムシフト録画数は4から6局可能なので、地上デジタル放送の大半の番組はタイムシフト録画が可能だ。上位モデルのBXT970であれば、最大10局のタイムシフト録画が可能なので、ほぼすべての番組が録画されているといっても過言ではない。

製品名 BXT870 BXT970
価格 75000 136000
地上デジタルの閲覧
BS/CS/ケーブルテレビの閲覧
HDD容量 3TB 5TB
タイムシフト録画数 4-6局39日分 8-10局21日分
通常録画数 1-3局 1-3局
光ディスクドライブ
iPhoneでの閲覧
Androidでの閲覧
SeeQVault × ×

コストパフォーマンスからみると、BXT870がよい。HDD容量は、あとから追加することができるので、必要となったタイミングで増設すればよい。あとは、どの程度タイムシフトを活用するかによって、上位モデルにするかどうかが決まってくるが、最大6局のタイムシフト録画できれば、十分だと考えられる。

スポンサーリンク
広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする