今iモード携帯を使っている人は、機種変更よりもSimフリーiPhoneを購入したほうが2年間の支払は少なく済む!

iPhone SIMフリーが発売されたこともあり、安価なネットワークサービスに注目が高まってきました。

「BIGLOBE LTE・3Gエントリープラン」は大変魅力的で、1か月1GBのLTE通信が980円で可能です。私の家族はメール、Twitter、Facebook、LINEなどの用途でスマートフォンを使っていますが、月間の通信量が0.5GB程度しかありませんので、1GBもあれば十分です。

「BIGLOBE LTE・3Gエントリープラン」はお得なのか?

SIMフリーのスマートフォンを購入して、BIGLOBE LTE・3Gエントリープランを使うと支払額が抑えららるかもしれません。

例えば、docomoのiモード携帯を持っていたとします。iモード携帯をiPhone5sに機種変更する場合と、今のiモード携帯はそのままに、別途SimフリーなiPhone5s(+格安Sim)を購入する場合で支払額がどの程度異なるかを計算してみたいと思います。

docomoのiPhone5sを機種変更した場合の費用

docomoのiPhone5sに機種変更し、2年間利用した場合の費用を計算してみました。

項目 単価 回数 金額
1 変更手数料 2,100円 1回線 2,100円
2 タイプXi にねん 780円 24か月 18,720円
3 spモード 315円 24か月 7,560円
4 Xiパケ・ホーダイ for iPhone 5460円 24か月 131,040円
5 iPhone分割支払金 2,940円 24か月 70,560円
6 月々サポート -2,940円 24か月 -70,560円
7 合計 159,420円

2年間で約16万円ほどかかります。

iモード携帯はそのままに、SimフリーiPhoneを購入した場合

iモード携帯の利用に加え、SimフリーiPhoneの料金を合わせて計算します。まずは、最初にiモード携帯の2年間の料金を計算します。

項目 単価 回数 金額
1 タイプシンプル バリュー 780円 24か月 18720円
2 i モード 315円 24か月 7,560円
2 パケホーダイ シンプル 0円 24か月 0円
4 合計 26,280円

iモード携帯であれば2年間の費用は約3万円です。スマホは16万円になりますので、iモード携帯からスマホにするだけで、2年間の出費が13万円もあがります。メリットが明確でないと、iモード携帯からスマホに移行するのは、なかなか勇気のいる決断です。

では、次にApple Online StoreからSimフリーiPhone5sを購入し、「BIGLOBE LTE・3G」エントリープランの料金を計算してみます。

項目 単価 回数 金額
1 SimフリーiPhone 71,800円 1個 71,800円
2 BIGLOBE LTEエントリープラン申込手数料 3,150円 1回線 3,150円
3 BIGLOBE LTEエントリープラン月額費用 980円 24か月 23,520円
4 合計 95,320円

約9.5万円となりました。

今までのiモード携帯の支払額は2.6万円と新たに購入するiPhone5sの料金が9.5万円ですので、合計すると約12万円です。

メリットとデメリットの比較

iPhone5sに機種変更すると2年間で16万円。別途iPhoneを購入すると12万円で済みます。支払額だけを考えれば、今のiモード携帯を機種変更するのではなく、SimフリーiPhone5sを別途購入したほうがよいです。

ただ、両者の条件は微妙に異なるので、その違いとメリットを併記しておきたいと思います。

比較項目 機種変更 別途iPhone
2年間の支払額 16万円 12万円
速度制限 7GBまで 1GBまで
端末台数 iPhone1台でOK iモード携帯iPhoneの2台持ち
iPhoneはデータ通信のみ
契約期間 2年間 iモードは2年契約
iPhoneはいつでも解約可能

BIGLOBE LTE・3Gエントリープランは2年契約ではないので、すぐに解約できます。また、SimフリーなiPhoneは効果で、中古でも高く売却できるのがメリットといえそうです。

AppleからSimフリーiPhoneが発売され、BIGLOBE LTE・3Gエントリープランなどの格安のネットワークサービスが発売されたことで、docomo,au,Softbank以外からスマートフォンを購入するという選択肢も現実的になってきました。

スポンサーリンク
広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする